FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 |

忘年会のお知らせ

忘年会(残念会)のお知らせ



日時:12月29日(金)午後6:00~9:00
会場:「姜大公」四谷店(毎年開催している店です)
    四谷「しんみち通り」中程…間口が狭いので通り過ぎ注意!
    03-3351-1030
会費:3500円

*人数に制限あ在りますので必ず事前に志岐090-9378-2127までご連絡ください。
*東京都連会長も参加されます。

選挙以降の小沢支持者の分裂迷走激論もようやく落ち着きを見せてきました。
選挙のわだかまりを捨てて・・・せいぜい愚痴で止めておきましょう。

小沢一郎・自由党の復活の為に知恵を絞りましょう!


| 報告 | コメント(0)

総選挙を終えて

総選挙を終えて


総括・・・小池氏の失言と傲慢さで一気に逆風になってしまった希望の党、自民党はこの失言を見逃さずにマスコミを総動員して立憲民主党を大々的に応援、これまでさんざんマスコミの偏向報道を批判してきた自称リベラルを自任してきた野党共闘派と無党派層がこれに乗せられてしまった。
自民党にとっては立憲が伸びても最大78名希望が失速すれば安泰、思惑通りの結果が出た。
選挙が終わればマスコミと自民党連携でまず小池・前原叩き、これが完了すれば次は立憲叩きが始まる。
もり・かけが耐えられなくて行った総選挙結果は元の木阿弥になったが立憲は腹を据えて追及しないと(枝野氏得意の口先での対応では)支持者から総スカンをくらいリベラルの化けの皮がはがれてしまう。

希望・民進党はこれから熔解が始まりどのように決着するか読めない状態、小池氏は今回のミスで都政に逃げ帰っても自民党の追撃は続き本丸の都民ファーストに手を掛けてくるだろう、小池氏の政治生命は終わった。

自由党・小沢戦略は民進党の前原氏を拠点にして右ウイングと左の共産党とのブリッジを考えていたが、民進党の分裂と希望の党の崩壊で足場を失ってしまった。
一部の人は今回の仕掛け人は小沢と指摘しており、希望への合流も既定路線と思われていた(実際は党代表で小沢氏自体は合流が不可能だった様だ)
何とか無所属、希望、立憲と自主判断で何とか火の粉を振り払った格好だが前原氏が民進党で失脚し、松木、松野氏の落選で活躍する足場が見えずこれからの各野党の動きを待つしかない状態。
立憲+無所属はまさに小沢排除の巣窟で連携は望めない、次の手は?
安倍を引きずり下ろすには、もり・かけ徹底追及しか無い!改憲論に乗せられて巻き込まれるともり・かけは忘れ去られてしまう。
(改憲・国民投票等絶対出来ない!)




今回の自由党総支部長の結果

無所属:   小沢一郎・岩手3区 当選・・・順当
        玉城デニー・沖縄3区 当選・・・順当
        鈴木まりこ・京都5区 落選・・・孤軍奮闘も最下位、翌日から活動開始!

希望の党: 佐藤こうじ・広島6区 当選・・・亀井氏を支え地盤引継ぎで順当
        ひだか剛・千葉12区 落選・・・国替え惨敗
        末次精一・長崎3区 落選
        真白りょう・神奈川12区 落選・・・国替えで小泉進次郎に挑戦

立憲民主党:岡島一正・千葉3区 比例復活・・・立憲の風
        村上史好・大阪6区 比例復活・・・立憲の風
        日吉雄太・千葉7区 比例復活・・・立憲の風の典型

今回当会は当初木内氏を応援、立ち上がりの作業が完了した段階で男性軍は神奈川の真白りょう氏の応援に入った。
両者とも直前の国替えで選挙としては厳しいものが有ったが、木内氏は現職かつ隣の選挙区からの移動でそれなりの応援が有ったが、真白氏は公示2日前の公認かつ大阪からの移動スタッフも大阪でのボランティアが主体。
地元神奈川での応援もなく掲示板ポスター貼にも苦戦中という事で公示3日目から現地入りたがスタッフの素人ぶりに愕然とした。
大阪のボランティアと若造(失礼)の選挙プランナーが選挙管理委員会のガイドブックを見ながらの選挙運動、戦略もなく戦術もない只ただ大阪で行っていた一日50か所のポイント街宣の継続。
人の居るところでの街宣を提案したが、事務局(?)の回答は「小沢さんに言われた方法です、本人もその気です。」・・・「日常活動方法だろう!新規のところでそんなやり方をしていたら1年先になってしまう!」と言うのをぐっと堪えて、本人がポジティーブに取り組んでいる以上本人の遣りたいようにやらせようと結論付けての応援。
本人露出を多くしたならば2万5000票(得票・1万8千500・・天候が良ければ2万))はとれたと思われます。










| 報告 | コメント(0)

新宿西口「自由党・小沢一郎・山本太郎」応援街宣の報告と御礼

新宿西口「自由党・小沢一郎・山本太郎」応援街宣の報告と御礼


雨上がり、曇りでラッキーと喜んだのもつかの間、設営準備中に太陽が顔を出し開始時にはカンカン照り。
世間ではお盆休み突入ということで暑さにもめげず、お年寄りも復活してきました(毎週あることですが、救急車で老人が搬送されていました)。
今週は幟係のO氏が孫の上京中でその合間を無理して持参してくれましたが、前半はポスターだけでしたので少し寂しい雰囲気、やはり有るべき物が無いと間が抜ける。
元記者で現在フリーライターの奥秋昌夫氏が噂を聞いて見に来てくれ懇親会まで参加。・・・追撃コラムで田中康夫氏等を追跡、今回は小沢支持者の実態を知りたいとのことでした。
「ABE IS OVER」の音量を上げたままのK氏の演説が始まると、みるみるチラシが捌けていき今週も350枚。
隔週参加していただいている渡辺都連会長の演説中はボリュウームを絞って演説を聞いてもらうように配慮。
森友、加計問題もタイミングがずれ、お盆休みと重なり世間の関心が薄れたのか?それでも長く話し込んでいく人が多い。





次回新宿西口街宣

次週8月19日(土)はお盆休みとさせていただき、再来週8月26日(土)に行います。


安倍政権のカウントダウンが始まった時にゴングを鳴らすような民進党代表選。
絶妙なタイミングでの野田、蓮舫辞任・・・こんな執行部が推す枝野さん、原発反対運動家などリベラルと言われる人に枝野さん支持者が多い。米国でリベラルと言われる人がヒラリーを支持した(さすがに今はヒラリー支持を言わないがトランプ批判に専念している)現象と似ている。こと反原発だけを捉えると枝野、菅より小泉の方がよっぽど信用に値する。

*自由党は何処に行くのか?
野党共闘、オリーブの木を提唱してからの自由党(生活の党も含めて)は党勢拡大に於いて「アクセル」と「ブレーキ」を同時に踏む矛盾に陥っている。
全国で旧自由党支持者をも呼び戻し県連組織を立ち上げる反面地方議員の擁立が殆見られず、支部長の公認を抑える・・・各地の支持者を白けさせている。
2年後の参院選、その前にある総選挙の時果たして「自由党」の幟が立っているのか?多くの支持者がそんな思いがよぎるなかで応援に力が入るのか疑問。

| 報告 | コメント(0)

3月11日新宿西口街宣の御礼と報告

3月11日新宿西口街宣の報告と御礼

8か月ぶりに新宿西口街宣を再開しました、テーマは「党名が自由党に変わりました!」と銘うち小沢一郎・山本太郎と自由党の応援の為の街宣活動でした。
春を思わせる様な穏やかな日差しに誘われてか、小田急百貨店前は人波に覆われていました。
1:00ちょうどに本日の特別ゲスト、自由党東京都総支部連合会会長の渡辺浩一郎さんが到着し街宣をスタートしました。
(渡辺会長が使われている「チラシ(プレス自由)」を提供していただいた事で街宣が再開できました。)
渡辺会長の挨拶、当会のT女子の演説、飛び入り女性の訴えで1時間はあっという間に過ぎ、チラシの受け取りは想像以上で
用意した300枚はすぐに無くなってしまいました、ネットを見た応援団も多く、街頭TVが始まると人の輪が出来、予定を45分延長して放映することになりました。
初めて参加された渡辺会長曰く「この場所はすごいね、自分の選挙区でないのが残念!」

久しぶりの街宣で少し不安な気持ちがありましたが、参加者も多く、初めての人や2年ぶりのH氏など10名以上の参加があり大成功に終わりました。飛び入りの「自転車おばさんと仲間たち」ありがとうございました。





次回新宿西口街宣

日時:3月18日(土)午後1:00~3:30(集合12:30)
場所:新宿西口小田急百貨店正面
テーマ:党名が「自由党」に変わりました!
懇親会:当日場所は決めます

| 報告 | コメント(0)

御礼

青木愛さん応援御礼

12日間の選挙戦が終わり、残念ながら青木さんを国政に送ることはできませんでした。
多くの小沢支持者のグループ、個人がボランティアに参加頂き、後援者の方々と一緒に活動できるモデルケースとなるような選挙戦でした。
告示前のポスター貼り、ポスティング、街宣、告示日のポスター貼り、ハガキの宛名書き、シール貼り、称し貼り、チラシ折り、チラシの証紙貼り、ポスターの裏張り、追加ポスターの貼り、剥がれたところの直し、急追ポスターへのシール貼り、街宣車の随行、チラシ配り、応援演説会のおしらせ、電話かけ、選挙事務所の清掃、整理、最終街宣後に余ったチラシのポスティング、投票日の投票促進の電話かけ、ありとあらゆる裏方作業もお客様で無く事務所スタッフと一緒に活動できました。参加していただいた方にとっても本当の意味での選挙を体験できたと思います。

結果は共産党に遅れを取って3位、次点狙いに届きませんでしたが、街宣途中で「愛ちゃん」と握手を求められ前回より地元に溶け込んでいる手応えを感じました、やはり「田母神」は疫病神でした。反公明票として本来青木さんに来ていた分約2万票を奪われてしまった様です。
公明カルト、戦争オタク、共産カルト廻り全てがカルトの中で、唯一真っ当な候補者故に埋没してしまった感があります。

正攻法で地道に進んで行けば次回の捲土重来は絶対可能です。
青木愛を再度国政に送る為これからも応援します!

小沢さんの当選で、我々の活動も続けられると胸を撫で下ろしています、皆様気を落とさず前進しましょう。

今年は都知事選に始まり、衆院選で終わりました。勝利の美酒を酌み交わすことはできませんでしたが、12月27日(土)に忘年会を行います。場所時間は追って告知いたします、是非ともご参加ください。

一年間活動に参加協賛頂き本当にありがとう御座いました、結果はだせませんでしたが来年こそは「小沢待望論」が湧き上がることを祈ります。

| 報告 | コメント(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。