ボランティアお疲れ会と青木愛報告会

ボランティアお疲れ会は青木愛祝勝会になりました!
 
 平日のでしたので40名の会場設定をしましたが、続々と申し込みがあり参加者は50名を越して熱気ムンムン、笑顔溢れる祝勝会になりました。(会場での画像@nanachan77などのツイッターをご覧下さい))

東京、千葉、神奈川、埼玉のみならず、茨城、群馬、京都からも駆けつけてくれ皆で喜びを分かち合いたい人で溢れかえりました。
開会がずれこみ、乾杯の音頭を取ろうという時に主役の青木愛と党本部の西尾さんが到着、花束と万来の拍手で迎えられました。

火の玉応援団の山梨さんの乾杯の音頭の続き、
青木愛さんの決意表明、奇跡の議席獲得が生活の党政党要件確保を決めた(6人確保と喜んだが、森さんは地元での協定で2年間無所属を余儀なくされていた)
青木愛さんからは生活の党の東京の顔としての自覚がはっきりと感じ取れた挨拶でした。(連日鳥越応援に参加しています)
参加者全員との懇談が済青木さんが退場され今後の戦いにテーマが移りました。

今回の全国と関東の得票データをくばりました、時間がなく比較分析まで届きませんでしたが、
候補者が活動していた地域と支持者が地道な活動を続けていたところは票が伸びている事がわかります。

この機会を活かして、まず地元でのポスター貼り、街頭でのチラシ配り、ポスティング、普段からの電話かけなど始めましょうとのよびかけをしました。

茨城の会社から駆けつけてくれた従軍記者N氏の一本締めでお開きとなりました。

皆さんご参加いただき誠にありがとうございました、次の衆院選で笑顔で勝利を喜べるように今からスタートしましょう。





ボランティアお疲れ会と青木愛報告会
      詳細が決まりました

奇跡の議席獲得から勝利感に浸る間も無く都知事選に突入してしまいました。
今回の参院選は東京、千葉、神奈川、埼玉をはじめとする関東、そして全国の小沢支持者ボランティアと小沢、山本両代表当然のことながら候補者の総力戦でもぎ取った3議席でした。

ボランティアの打ち上げが出来ずじまいでしたが、勝利の余韻が遺っているうちに皆で集まり今回の選挙を総括し、すぐそこに見えている衆院選でより大きな成果を出せる様にボランティア再結集を図る為の集会にしたいと思います。

青木愛さんもメインスタジアムではありませんが、北区を中心とした鳥越応援集会に参加しアピールをしています。
東京での生活の党の顔として皆で押し上げていきたいと思います。
挨拶回り、事務所移転、秘書などスタッフの確立など多忙を極めているようですが、ボランティアの方々に当選のご報告をしたいということで出席されます。

今回は外でのボランティアには参加出来なかったがという方も是非ご参加ください、久方ぶりの勝利の味を共に噛み締めましょう。

日時:7月28日(木)午後6:30~9:00
会場:日本海しょうや・新宿西口店  03-5321-3961
    新宿区西新宿1-1-1パレットビル8F
     (新宿小田急ビルの隣・ユニクロの入っているビルです)
会費:3000円


*人数に限るが有りますので、極力事前に出席の旨のご連絡ください。

お問い合わせは 090-9378-2127  志岐まで(ツイッター上では@nanachan77まで)

| お知らせ | コメント(0)

小沢一郎復権の狼煙!5

小沢一郎の狼煙!5

大きく潮目が変わったのは4日の立川のフェスに小沢さんが登場してからでした。
洋平さんのフェスに生活の党のチラシを配る事は、(太郎さんの党の宣伝とは言え)遠慮しながらでも、洋平さんのボランティアからは
白い目で・・・・・
それ以降は洋平さんのボランティアがにっこりとし黄色いチラシを一緒に配ってくれ、我々も洋平さんのチラシを配る仲間になっていました。
これは推測に過ぎませんが、こだわりの有る洋平さんを太郎さんが小沢さんとの中に入り説得したのだと思っています。
洋平さんには大きな助けにはならなかったかもしれませんが、生活の党・青木愛にとっては勝利が確定した瞬間かもしれません。

最終日に向けて徹底してフェスでのチラシ配りに徹し、青木愛さんのチラシ、党本部にあった政党チラシは全て配り終わりました。
(ポスティングでなく手渡しでチラシを全部配り終わるのは今までの選挙で初めての経験でした。)

ここで、とんでもない内輪話を・・・・
青木事務所では縁起が良いという事でずっと同じダルマを使っています。
毎回、目に紙張りをし出陣式に片目を入れて選挙選に入りますが、今回は道路が狭く事務所前での出陣式ができず、王子駅前の第一声から候補者は街頭に出てしまいました。
目が入っていないのに気づき候補者に入れてもらう様に連絡をしていたのですが、東京、千葉と動いているうちに目を入れるのを失念してしまったようです。
それに気がついたのは投票日の前々日慌てて片目を入れたそうです。
事務机に乗っただるまさんは16日間全盲のままで選挙選を見守っていたことになります。
8日に片目があき11日の未明に両目が開いただるまさんもさぞ嬉しかったと思います。

続く

| 活動報告 | コメント(1)

小沢復権の狼煙!4

小沢復権の狼煙!4

都知事選、お疲れ会の準備に追われ更新が遅れました事お詫びいたします。

「野党統一候補」を最後の最後まで追求する小沢さんの主張に同意しながらも、情報がながれてくるのは岩手と新潟の野党統一候補だけで、肝心の生活の党の候補者は一切発表されない。支持者の焦りが頂点に達した時に愛さんの立候補宣言((?)一気に火がつき全国で青木フィーバー、この勢いを最後ま持たせれば勝機が見えてくる。
この為のキャッチコピーが「愛ちゃんを探せ!」「愛で日本を救う!」この作戦が功を奏し、小沢支持者のツイッターでは愛ちゃん一色になりました。

この効果は目覚しく、ポスティング、ポスター貼り希望が全国から寄せられ、事務所作業のボランティアも連日30数名を超え、月末までを予定していた作業が5日も前倒しで終了し最終日は15名のボランティアにお引取り願うほどでした。

いよいよ街宣活動ですが、これは選対(?)内部でも意見の相違がありました、候補者は旧選挙区(東京12区と千葉12区)を徹底して回り票の掘り起こしを主張、私は参院比例区の特性を考え大票田の東京を主体に集票する必要があるので、東京6:千葉4
東京では旧選挙区2:23区他8を主張、後援会はその中間的意見があり纏まらないまま進行してしまいました。
千葉はボランティアが多い柏地区(千葉で人口が多い地区)と旧選挙区の房総と2分され、候補者の配分はおおよそ東京4:柏地区2:房総4位の割合だったようです。

東京に街宣車1台、千葉に1台配置されましたが、今回は随行車が設定できずチラシ配りがほとんどできない状態でした、ボランティアとしては街宣車は候補者と後援会に任せ、三宅洋平の選挙フェスでの小判鮫戦法に徹する事にしました。

山本支持者に向けて「生活の党」のチラシを表にして中に青木愛のチラシを挟んで配る戦法です、青木愛の個人名を書いてもらう事も大事ですが、生活の党全体の票が115万~120万に届かなければ議席を獲得できないとの割り切りです(青木さんのトップは100%確信していました)

赤羽東口でのフェスに青木さんが参加して太郎さんのフォロウで大成果を上げ、持参した青木愛さんのチラシが平日にも関わらず2時間で1000枚も受け取ってもらえました。

ラストサンデーの予定が確定していなかったのですが、3日前に候補者から渋谷に小沢さんが来るので何かイベントを企画して欲しいと要請があり、ブラックボランティアの頭目と言われている2人と「新宿西口7時間街宣」+「渋谷小沢・青木練り歩き」を決定した。
新宿駅は世界一の乗降客を誇りその中でも西口は年齢層を含め偏りが無く政治主張をするには日本で一番のスポットと確信している、しかも勝手知ったる庭のようなものであっという間に企画がまとまり準備にかかった。

7時間の長丁場に欠かせないのは応援弁士の確保、幸いなことに時間が限定されていない事もあり、皆さん応諾していただき、
朝一番から樋高元議員、野沢哲夫支部長(党の指示に逆らい街宣車をまわして・・・)、渡辺浩一郎元議員、小沢遼子さん、伊東弁護士、茂原から多賀谷亮支部長、山崎行太郎さん、杉並の松本浩一さん、極めつけは民進党の木内孝胤議員が応援演説をしてくれたこと。

候補者は走り回りチラシを配り握手をして対応に追われる7時間でした。
あまりの暑さに普段の半分位の人通りでしたがボランティアも述べで20数名参加されたので5500枚のチラシを受け取ってもらえました。

3時に片付けを終えてすぐに渋谷に電車移動、幸運なことにハチ公前のメインステージがあいていたので上りを立てて生活の党で占拠、続々と小沢支持者が集まり始め、候補者、多賀谷さん、松本さんで小沢代表の到着まで演説会。

小沢代表が到着するとすぐにファンに囲まれ収拾がつかずそのまま写真撮影をしながらの練り歩き開始、西武百貨店の間を通り東急ハンズに向かいここで小沢代表は離脱、候補者とNHK前まで練り歩き候補者の挨拶で解散。

皆さん最後の上り坂をやっとの思いでNHKまでたどり着いたようです、何しろ暑い1日でした。

続く





| 活動報告 | コメント(0)

小沢復権の狼煙!3

小沢復権の狼煙!3

金無い、組織無い、時間無い・・・3無い選挙を如何に戦い抜くか、これが問題である。(候補者自身はもっと切実だったと思うが・・・)

選挙事務所が決まり訪問し絶句!1階店舗ではあるが、なーんとワンルームの広さ、入って奥に行くとすぐ裏手(区会議員選挙応援でももう少し広かった・・・多くの寄付金を集め、街宣車を事務所にして未来の党から立候補をし落選、余剰金を残したと顰蹙をかっていた強者もいましたっけ。)

足の調子の悪いTさんは「前の様に坂を登らないで良いし、駅から近いから・・・」と自分を納得させる様に呟いていた。
投票日の3日前に小沢さんが現れ事務所を見渡し「これだけ・・・・これでいい・・・」と残っていたスタッフにボソッ呟いたそうだ。

心配はボランティアの作業スペースが皆無なことで、数日感事務所で宛名針をしたが4人座ると身動きがとれない状態、とても15万枚のハガキ、25万枚のチラシと3万枚のポスター証紙貼りは無理と強行に申し入れをし、
結果としては駅1分のところに最高の場所が確保されました。・・・・地下ですが優に20人が作業出来る広さがあり快適空間でした。

次は6月19日「決起集会」の準備です、小沢さんの出席が確定しているので総支部発行の号外を新宿他街頭で配りました、会の性格上後援会関係者か小沢支持者しか出席しないのですが、青木愛出馬ニュースチラシとして積極的に街頭でくばりました。
(配るチラシが無いので何とかしてと大阪の小沢支持者から訴えがあったので、東京での決起集会の呼びかけの当該チラシを配ってもらいました)
120定員会場を立ち見にして会場から溢れる400名位集めようとツイッターで小沢支持者に大号令をかけてもらいました。

結果は後援会と小沢支持者半々で約300名と会場から溢れるという目標には届きませんでしたが、
ネット作戦のおかげで、京都、名古屋、群馬、栃木など遠方からも参加者があり、非常に盛況で熱気ある決起集会になりました。

ハイライトは当然小沢さんでしたが、「本籍小沢、現住所民進党の木内孝胤さん」が秘書3人を従え激励演説をしやんやの喝采を受けていたのが印象的でした。・・・ちなみに木内さんからは為書きもいただきました。

会場設定もボランティア側に任されましたが、前日夜に「横断幕」がないことに気づき後援会副会長が印刷会社なので急遽用意するなど相変わらずのバタバタでしたが、何とか無事終了しました。

以下次回






| 活動報告 | コメント(0)

小沢復権の狼煙!2

小沢復権の狼煙!2・・・・・青木愛奇跡の議席獲得

前回に続き青木愛応援の報告ですが、その前に
都知事選「鳥越俊太郎」候補の第一声を新宿東南口広場に聴きに行った印象報告をします。

午前10:00現地に到着、まばらな応援者に比べ報道陣の多さに驚きました、心の中で「おまいらまともに報道しないくせに、無駄遣いしやがって・・・」はともかく、会場の周りを徘徊して感じたことは、会場を仕切っているのは間違いなく政党関係者だということ。
大型街宣車はスピーカーの形状から共産党からの貸与でないことがわかります・・・民進党からと思われます。

序々に人が集まり、会場、階段、甲州街道の歩道をデッキとした部分がひとで埋まり3000人ぐらいは集まったと思います、
平日の午前中ということで老人が多いのは仕方ありませんが、特徴として朝日新聞を長期購読し、新聞TVを信奉している自称知識人、リベラル、インテリ層・・・普段デモ等で見慣れてるバックパックの方々と違い普通の服装の人が殆どでした。

党関係者が現れ、海江田、菅、松原、福山民進党が殆どで我が生活は川島事務総長一人、共産、社民も?
生活応援者も顔を知っているのは只一人と言う寂しさでした。

野党統一候補という事で安堵感があり、与党分裂で常識的には勝てるのですが、何か緊張感と緊迫感が伝わってきません。
選挙の下手な民進党の丸抱えというのも不安の種です。
小池陣営に足をすくわれるのではと危惧していますが・・・・・

いずれ党からも動員がかかるのかもしれませんが、生活の党は奇跡の逆転劇(消滅の危機から逃れたにすぎないのですが・・・・)からまだ目が覚めていないようです。




*緊急報告

恒例の新宿西口「小沢一郎・山本太郎応援」街宣は都知事選突入の為行いません!
再開は政治状況、党の体制及び活動戦略の推移を見てチラシ等を作るため秋口まで街宣活動を休みます。





青木愛応援の報告2

ネット上で青木愛の出馬情報が浸透したところでまず行ったのが、全国規模でのチラシ配布と事前ポスター貼りの依頼でした。

「青木愛を探せ!」のキャッチコピーでネットを通じての展開と、前回の参院選の時に「新党浸透作戦Ⅱ」に参加してくれた全国の小沢支持者への電話に依る直接依頼で続々と申し込みがありました。

東京でも世田谷では200枚、京都では100枚のポスターと数千枚のチラシを配ってくれた猛者がおり、投票結果にも成果が現れております。(特に長時間目に触れるポスターは効果が大きと思われます)

名刺型チラシは配り手には賛否両論ありましたが、前回の青木さんの衆院選での偶然から出た(告示後には使用不可能な大量な名刺をポスティングし、廃棄前に一度は確認され、認知度がチラシより高いとの確信を得ていた)手法ですが、配り手にも負担が掛からず追加要求が多くありました。・・・・選管の判断は本人が配るのは一切問題ないが、他人がくばるのは????との見解でした。
名刺型チラシとツイッターでうたったのは、ゲシュタポの様に監視している元M議員がお為ごかしの横槍が入るのを予測しての狗肉の策でした、ボランティアには好評で在庫不足になり急遽5万枚追加印刷しました。・・・主犯格(?)のK氏は配送ミスもあり数日で結局1万枚弱ポスティングをしてくれました。
次に続く


| 活動報告 | コメント(0)

小沢一郎復活の狼煙!

小沢一郎復活の狼煙!

7月11日未明青木愛さんの劇的当選で今回の参議院選挙は幕が降りました。
党の存続まで喧伝されていた参院選ですが、この1年間の小沢さんの「我が身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあり」との野党共闘戦略で、マスコミにも取り上げられ、日常活動と候補者が激減した中での得票の反転に大きく寄与したと思います。
この裏返しとして毎度の事ながら身内の立候補者にとってはスタートが遅れる悪条件での闘いになってしまい、準備期間も無い厳しい選挙戦を強いられ結果を出せなかったのが実態です。(厳しい言い方をすると日常活動が出来ていない候補者自身の問題と言ってしまえばそれまでですが)

今回全面的に応援した青木さんの選挙につて報告させて頂きます
青木さんは3月に出馬を決意されたようですが、党のオリーブ構想推進の為公表されず5月初旬に私達小沢支持者に応援依頼があるまで、地元でポスター貼りをするにとどまっていたようです。この依頼を受け数人で後援会の集まりに参加させてもらいました。
14年の衆院選の敗北で事務所をたたみ秘書も不在、1年半のブランクで後援会も驚く程縮小してしまっていました。
選対委員長も岩手との掛け持ち状態で、現実的に動いていたのは候補者本人と後援会の一部の人しかいませんでした。
選挙運動を進めていくにはまず人員の動員、すなわちボランティアへの呼びかけが第一と考え、ツイッター上で小沢支持活動の実績があるグループ(元M議員の支援者グループからはブラックボランティアと呼ばれているらしいが・・・・)の食事会に青木候補を招いてもらい、本人から直接立候補の意思表明と支援を依頼してもらいました。

その夜が今回の青木祭りの始まりとなりました、ネット上の小沢支持者には青木出馬が一気に拡がりましたが、党からのアナウンスが一切無いので真偽を問うツイートも数多くあり、狗肉の策とし小沢邸の屏に小沢・青木2連ポスターをズラッと貼らせてもらい
その写真をツイッターで公表することで、党としては公式発表できないが小沢さんの真意を理解してもらう事に成功しました。

*次回に続く

奇跡の逆転劇の興奮から2日、ネットの興味は都知事選に移ってしまったようです。
皆さん誰がどうの彼がこうのと大騒ぎのようですが、今回の一番のポイントは自民党が分裂したことです。
自民党に亀裂が入らざるを得ない程の安倍政権の末期症状が露呈してしまった事が・・・・自民党が溶解しはじめました。
いずれ民進党も崩れ始めます、その先は??

| 活動報告 | コメント(0)

7月3日(日)7時間新宿街宣  愛で日本を救う!

文字色7月3日(日)7時間新宿街宣  で日本を救う!
     小沢一郎・青木愛 渋谷練り歩き


7月3日 新宿・渋谷は生活の党祭り

7時間新宿街宣 で日本を救う!

日時:7月3日(日)午前8時~午後3:00
場所:新宿西口小田急百貨店正面(集合場所とします)
  *選挙戦最後の日曜の為、街宣場所のバッティング発生の可能性があり 新宿南口、 南東広場、アルタ前、小田急ハルク前   に変更の可能性がありますが、必ずこの5ヶ所で行います。

*会場スタッフ、チラシ配り、ポスターを持ってのスタンディング 多くの参加が必要です。




渋谷 小沢一郎・青木愛渋谷練り歩き

日時:同日 午後4:00より(予定時間1時間)
  *ツイッター等で3:00と発表されましたが昨日急遽変更。
場所:新宿から渋谷に移動・渋谷ハチ公前に集合
  *予定としては西武・丸井から区役所通り・ケヤキ通りNHK前ですが、変更の可能性があります。

 

| お知らせ | コメント(0)

青木愛ボランティア大募集

青木愛ボランティア大募集   6月26日更新

本日26日をもちましてボランティア作業は終了いたしました!

本日は作業量が足りなく10数名の方にお越しいただきながらお引取り願った状態です、せっかくの日曜日遠くから足を運び下さり申し訳ありませんでした。
連日20名を越すボランティアの参加で月末までの予定が前倒しで完了致しました、千葉オリーブを中心とした京都、長野など地方からも参加いただき誠にありがとうございました。今回は千葉オリーブを中心とした千葉と東京での作業でした。
選挙戦も中盤に差し掛かり候補者は街宣活動に専念しております、街宣は千葉を中心として東京との広範囲で行われております。街宣ポイントが掴みづらい状況で皆様にはご迷惑をおかけしておりますが、リアル情報につきましては青木事務所にお問い合わせください。

候補者個人の票獲得も重要ですが、最終的には生活の党全体票が議席獲得に届かなければ意味がありません。
是非とも生活の党の存在を世間にお知らせください。




終了1.ポスター大作戦(A2 小沢一郎・青木愛2連)・・・愛ちゃんを探せ!でキャンペーン中・・・全国津々浦々から応募がありました。

終了現在貼っているポスターは本番ポスターの場所取りの意味も有りますので、引き続き応募してください(A1の大型ポスターになります。
公示前(6月21日)まで可能



作業中2.ポスター大作戦(本番・証紙付き)

公示(6月22日)後、直ぐに2連ポスター送付者に郵送します。
2連ポスターの上に横2枚貼り(大型の場合は4枚)で処理して下さい。



終了3.名刺大チラシポスティング隊

チラシポスティングは初めての方には中々ハードルが高いと思われていますが、小さな名刺大のチラシのポスティングは初め   ての人にも抵抗なく行えます。お買い物の折100枚の名刺は邪魔にもならず、ポスティング中も目立ちません。是非ともお出か  けの友として名刺版チラシのポスティング参加してください
下記にご連絡くだされば郵送いたします(500枚以上でお願いします、自身が無い方はまずは200枚からでも)
こちらも公示日前まで活動可能です。



終了4.選挙はがき住所シール貼りのボランティア

6月14日~6月21日 事務所での作業(自宅に持ち帰り作業でも構いません)・・・・15万枚


終了5.選挙期間中のチラシの証紙貼りのボランティア

公示日に証紙を支給されますので6月22日午後~6月30日事務所での作業になります。


保留6.電話かけのボランティア

6月22日~7月9日 事務所及びライン使用での自宅作業となります


終了7.6月19日「決起集会」への参加と呼びかけの号外配布

6月19日(日)午後6:30より、小沢代表参加の決起集会が王子駅北口5分「岸町ふれあい館」で行われます、会場から人が溢れるほどの盛会にしましょう!
当日会場受付と設営スタッフのボランティアが必要です。
生活の党号外(決起集会のお知らせ)のポスティング及び配布のボランティアも併せて募集しています、こちらは6月19日までです。



続行中8.街宣車ドライバーと随行者のボランティア

参議院選挙は2台の街宣車が許可されますので、2台用意し現在東京と千葉を街宣していますがドライバー確保に頭を痛めています。この日の午前、午後はできるよという方がいれば是非とも応援してください。
随行員は街宣車に同乗して街宣ポイントで通行者へのチラシ配布を行います。
6月22日~7月9日は車持ち込みで候補者の街宣車に伴走できる方も大歓迎です。・・・青木事務所に申し込ください



終了9.事務所留守番のボランティア

事務担当者が不在時に事務所に詰めてお手伝いできる方を探しています。

続行中10.街宣スポットでの応援・・・青木事務所にお問い合わせください

6月22日公示以降選挙戦になりますと、候補者の大まかな街宣スケジュールを前日までにツイッター等で公表しますので、応援に来てください、小沢代表も数回は応援に来られます。

*以上がボランティアとして応援できる作業・活動です。

青木事務所 
新住所:北区王子岸町1-2-9
TEL・FAX:03-5948-5038
Eメール:info@aoki-ai.com


狭い事務所ですが、お近くにお越しの際にはお立ち寄りくださり青木愛及びスタッフを激励してください。作業所は近くに確保しました。
お気づきの点があれば、どんどんご提案ご指摘ください。


*内容でわからない事があれば 090-9378-2127 志岐までお問合せください。

| お知らせ | コメント(0)