小沢復権の狼煙!2

小沢復権の狼煙!2・・・・・青木愛奇跡の議席獲得

前回に続き青木愛応援の報告ですが、その前に
都知事選「鳥越俊太郎」候補の第一声を新宿東南口広場に聴きに行った印象報告をします。

午前10:00現地に到着、まばらな応援者に比べ報道陣の多さに驚きました、心の中で「おまいらまともに報道しないくせに、無駄遣いしやがって・・・」はともかく、会場の周りを徘徊して感じたことは、会場を仕切っているのは間違いなく政党関係者だということ。
大型街宣車はスピーカーの形状から共産党からの貸与でないことがわかります・・・民進党からと思われます。

序々に人が集まり、会場、階段、甲州街道の歩道をデッキとした部分がひとで埋まり3000人ぐらいは集まったと思います、
平日の午前中ということで老人が多いのは仕方ありませんが、特徴として朝日新聞を長期購読し、新聞TVを信奉している自称知識人、リベラル、インテリ層・・・普段デモ等で見慣れてるバックパックの方々と違い普通の服装の人が殆どでした。

党関係者が現れ、海江田、菅、松原、福山民進党が殆どで我が生活は川島事務総長一人、共産、社民も?
生活応援者も顔を知っているのは只一人と言う寂しさでした。

野党統一候補という事で安堵感があり、与党分裂で常識的には勝てるのですが、何か緊張感と緊迫感が伝わってきません。
選挙の下手な民進党の丸抱えというのも不安の種です。
小池陣営に足をすくわれるのではと危惧していますが・・・・・

いずれ党からも動員がかかるのかもしれませんが、生活の党は奇跡の逆転劇(消滅の危機から逃れたにすぎないのですが・・・・)からまだ目が覚めていないようです。




*緊急報告

恒例の新宿西口「小沢一郎・山本太郎応援」街宣は都知事選突入の為行いません!
再開は政治状況、党の体制及び活動戦略の推移を見てチラシ等を作るため秋口まで街宣活動を休みます。





青木愛応援の報告2

ネット上で青木愛の出馬情報が浸透したところでまず行ったのが、全国規模でのチラシ配布と事前ポスター貼りの依頼でした。

「青木愛を探せ!」のキャッチコピーでネットを通じての展開と、前回の参院選の時に「新党浸透作戦Ⅱ」に参加してくれた全国の小沢支持者への電話に依る直接依頼で続々と申し込みがありました。

東京でも世田谷では200枚、京都では100枚のポスターと数千枚のチラシを配ってくれた猛者がおり、投票結果にも成果が現れております。(特に長時間目に触れるポスターは効果が大きと思われます)

名刺型チラシは配り手には賛否両論ありましたが、前回の青木さんの衆院選での偶然から出た(告示後には使用不可能な大量な名刺をポスティングし、廃棄前に一度は確認され、認知度がチラシより高いとの確信を得ていた)手法ですが、配り手にも負担が掛からず追加要求が多くありました。・・・・選管の判断は本人が配るのは一切問題ないが、他人がくばるのは????との見解でした。
名刺型チラシとツイッターでうたったのは、ゲシュタポの様に監視している元M議員がお為ごかしの横槍が入るのを予測しての狗肉の策でした、ボランティアには好評で在庫不足になり急遽5万枚追加印刷しました。・・・主犯格(?)のK氏は配送ミスもあり数日で結局1万枚弱ポスティングをしてくれました。
次に続く


スポンサーサイト

| 活動報告 | コメント(0)

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://ozawakakumei.blog.fc2.com/tb.php/269-718e8cfe