小沢復権の狼煙!6

小沢復権の狼煙!6
・・・・・都知事選の完敗(小池氏の完勝と言うべき)を挟み更新が遅れてしまいました、

今回の勝利を振り返ってみたいと思います。

巷間70~80万台で比例0、選挙区は0~1(岩手)と言われ党存続も危ういといわれていたものが、蓋を開けてみれば選挙区2、比例区1の当選で現有勢力をオーバーするという快挙でした。

岩手は主濱さんの突如の引退騒ぎでちょっと迷走しましたが、小沢・達増コンビによる根回しが功を奏し順当な勝利でした、候補者の写真を見たときはちょっと取り付きにくい感じをうけ不安がよぎりました。
ところが、選挙中の動画を見て不安が払拭されました、
加藤茶さんに似た顔つきでニコニコ、人当たりが良い親しみが持て、大男が腰を屈めて老人の手を握り締める姿は違和感がありませんでした。
達増さんの秘書経験もあるので国会参議院の国対でも活躍できるでしょう。

新潟は統一候補がギリギリまで難航し前途多難な船出でした、小沢代表も現地に4回入り、山本代表も新潟入りしました。
犬猿の中といわれていた民進党のK議員も事前のゴタゴタを払拭し応援弁士を努め、市民グループ、共産党、社民野党共闘の旗印で勝ち取った勝利でした。
数字の上では与党が圧倒的に強く与党の重点地区として安倍首相を始め続々と大物が応援にはいりましたが、候補者が弱かったのも味方したようです。
今回の当選で本人も路線変更を宣言していますが、強引なだけでは人はついてこないことに気がついたのではないでしょうか?

比例区の勝利について
全国の得票率が1.77%が1.91%に上がった要因は?
25年は比例・山岡けんじ、三宅ゆきこ、広野ただし、藤原よしのぶ、東祥三、はたともこ
    選挙区・佐藤公治(広島)、森ゆうこ(新潟)、太田かずみ(千葉)、平山幸司(青森)
今回は比例・青木愛、姫井ゆみこ、すえつぐ精一、北出みか、日吉勇太
    選挙区・0・・・・・・無所属・森ゆうこ(新潟)、木戸口((岩手)
選挙区・岩手、新潟、広島、青森、千葉で大きく減らした分を東京で大きく、神奈川、長崎、福岡、愛知、北海道で挽回、活動拠点での得票がはっきり現れている。

勝利の要因は
1、野党統一で、小沢さんが先導している事がマスコミにも出てきた(うっすらとした小沢待望論)
・・・・毎週の新宿街宣で小沢さんへの拒否感が薄れ、むしろ期待感が感じられてきていた。
2、山本太郎効果(都市部で顕著に現れている)・・・三宅洋平とのコラボ効果
3、全国区ということでネット選挙が機能した

青木さんが11万弱の記名投票されたのは3に起因する、他の4候補者には気の毒であったが、5月始めの段階で立候補の意思表明があり一気にネット上で生活の党青木愛が固まってしまった、全国の小沢支持者の危機感をバックに全国でボランティア活動が行われ、選挙戦に突入し三宅洋平氏とのコラボで東京で20万票まで伸びて当選を決めた。

*潜在的小沢支持者は全国で200~~250万(比例で2名当選可能)居るはずと考えている、今回の戦力ではその半分にしか
届かなかったが3年後まで各地での地道な活動でなんとか2名当選を図りたい。



最後に生活の党機関紙 第37号 小沢一郎代表 巻頭提言 (一部抜粋)

市民の自発的行動が勝ち取った比例区の議席

我が党に関して言えば、野党統一候補の重点選挙区とした岩手県と新潟県で共に勝利することができたことをとても嬉しく思います。また、多くの市民の方々と地方支部が力を合わせた結果、比例区で議席を確保できたのは大きな成果でした。今回の選挙では市民の方々が自発的に行動し、政党や候補者を支えてくださいました。私はこのことに新しい民主主義の胎動を感じ、大変頼もしく思っています。





スポンサーサイト

| 活動報告 | コメント(0)

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://ozawakakumei.blog.fc2.com/tb.php/275-80981e7f