TPP強行採決

昨日TPP特別委員会で強行採決が行われ、多くの仲間から怒りの発散場として電話を頂いたが一緒になって怒らない私こ言外に非難(?)を含んだ・・・・・私にとっては既定路線でしかないし、本会議でも通過するのは目に見えているのだから・・・・・怒りが湧いてこない。

いくら日本で批准されようが、本家本元の米国で批准されることは考えられない。
隠れ賛成派のヒラリー云々と言われているが、万が一ヒラリーが勝利したとしても(私はまだトランプが勝利すると思っているが・・・選挙制度上支持率と直接結びつかないし、不正選挙の大本山米国だから・・・)米国は分裂状態がよりはっきりとしてきて、まともな政権運営が出来なくなると思う。(大統領の職務遂行さえも危ぶまれている・・お隣の朴政権の様に)

安倍政権が強行採決で強引に批准すればする程、次の選挙で票を減らす結果になる、ここは強行採決でもなんでもやってもらいましょう。

とは言え、反対の声は徹底的にあげましょう、原発のように時間が経てば(少しづつですが)国民にも声が届いていきます

今回も個人的な妄想です。  怒りを充満させず心穏やかに

スポンサーサイト

| 未分類 | コメント(1)

コメント

【 埼玉県警察学校 校長 小河進 副校長 岩淵敏雄 が業務上横領 】







【 埼玉県警察学校 校長 小河進 副校長 岩淵敏雄 が業務上横領 】
http://blog.livedoor.jp/saitamalvdoor/archives/8291218.html


12月6日 さいたま県警の元幹部でさいたま市警察部長(警視正)まで務めた警察OBの田中三郎氏(60歳)が、埼玉県県政記者クラブで記者会見を行って、元埼玉県警察学校長等 を 業務上横領の疑いでさいたま地検に告発したことを明らかにした。

記者会見には、「明るい警察を実現する全国ネットワーク」の代表で田中氏の代理人である清水勉弁護士と同ネットワークの会員で「市民の目フォーラム北海道」代表の原田宏二が同席した。

埼玉県警察学校の学生と教職員の任意団体「校友会」が、構内の売店業者から売上金の3%を「助成金」名目で上納させていたが、 告発状によると田中氏の前任だった平成16年当時の校長(警視正 既に退職)は、庶務・厚生担当事務官(警部級)に「助成金は、当時の副校長(警視)に渡すよう」に指示し、平成16年4月から12月までの間の「助成金」計約125万円を「校友会」の出納帳に記載せず、 当時の校長や副校長ら3人が着服したとしている(告発状はPDF参照 http://www.ombudsman.jp/fswiki/wiki.cgi/akarui?action=PDF&page=%BA%EB%B6%CC%B8%A9%B7%D9%BB%A1%B3%D8%B9%BB%A1%A1%B9%F0%C8%AF%BE%F5 )。


埼玉県警察学校 校長 小河進 は 幹部職員(警視正)でありながら業務上横領。
埼玉県警察学校長→ 交通部長 →勇退(退職金全額もらい退職)。
その後、一般財団法人埼玉県警察福祉協会 理事に。
処分を受けずに天下り?
http://blog.livedoor.jp/saitamalivdoor/archives/3297522.html
http://keiyu110.org/about/structure/

埼玉県警 不祥事
https://twitter.com/saitamatwitt

2016年|11月|19日|21:49 |from 【 埼玉県警察学校 校長 小河進 副校長 岩淵敏雄 が業務上横領| URL

非公開コメント

トラックバック

http://ozawakakumei.blog.fc2.com/tb.php/277-906ea6e6