新宿西口「自由党・小沢一郎・山本太郎」応援街宣の報告と御礼

新宿西口「自由党・小沢一郎・山本太郎」応援街宣の報告と御礼

 午前中の小雨も昼には上がり、街宣を始めるころには薄日も差し始め今週も街宣日和でした。
解散がマスコミで報じられたせいか出だしからチラシの受け取りが良く1時間半で用意した250枚が無くなってしまいました(解散近しでチラシの増刷を控えていますので・・・)
隔週参加の都連渡辺代表、新潟からのT氏、今週もチャリンコおばさん、久しぶりの戦車隊長H氏等11名でお祭り。
従軍記者とちゃりんこおばさんの掛け合い演説は好評でした。







次回新宿西口街宣


日時:9月30日(土)午後1:00~4:00(集合12:30)
場所:新宿西口小田急百貨店正面(雨天等でハルク前に変更あり)
テーマ:「ABE IS OVER Ⅸ」・・・もり・かけ隠しで逃亡する安倍様に介錯を!

*公示日まで後2回しか街宣できません、個別応援も限られているので、是非参加して安倍打倒を訴えましょう、気分がすっきりしますよ。



*前原民進党が動きだした、今までの書生臭さが消え堂々とした二枚舌対応で野党共闘派の不安を払拭させているが、
マスコミは小池「希望の党」一色(マイケル・グリーンやアミテージが去り露頭に迷う長島や松原等のネオコン追随派が「緑の狸」のどんぶりに逃げこんだ)。
時間切れと思っていた「民進・自由合併」も思った以上のスピードで動いてきたが、ここで自由党だけの合併ではインパクトは無い(民社は地方組織が全国にありこれが仇となり合併に乗れず)。
*小池新党は闇鍋と揶揄されているがはっきりしているのは与党自民党の分裂これからが混沌の始まり、目先の動きに一喜一憂することなく先を見て動こう、いよいよ政界も混沌としてきたが、安倍を筆頭とする極右の衰退ははっきりしてくるし改憲は杞憂に終わる。

*世界、特にアメリカの動向で日本がガラリと変わる、トランプの目指す「アメリカンファースト」は世界覇権の放棄で日本の根幹「日米同盟」の消滅の可能性を秘めている。・・・このことに言及している政治家は誰一人としていない、評論家の佐藤優氏が最近「トランプは日米同盟を破棄したがっている」とこのことに触れていた。
戦後70数年宗主国としてアメリカの言うがままに物事を決めて来た(日米同盟は憲法の上位)日本の指導者は頭がとり払われたときどう動くか?脳死状態になるのでは?

*国債発行が不可能になった時、ばら撒きと分捕りに慣れ切った国民はどうなるか?ある日突然そんな日が来る可能性がある世界の経済情勢。財政再建、税の分配・取り合いしか言わない政治家に対応ができるのか。
スポンサーサイト

| 活動報告 | コメント(0)

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://ozawakakumei.blog.fc2.com/tb.php/315-dc4fd407