スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 |

自由党は何処へ行くのか?

自由党は何処へ行くのか?

最大野党を中心にして野党共闘・・・民進党+社民党+自由党の合流これと共産党とのブリッジ・・・この形で政権交代を目指してきた小沢自由党。
突然解散でご破算になってしまった、自公は現状のまま民進党が4分割(希望、立憲、民進、無所属)してしまった、分割された民進党の総計では相当数増えているが立憲+共産+社民と小さく左の方に纏ってしまい再結集は不透明だ。
民進党の前原氏を足場に政権交代の絵図を描いてきた小沢自由党は一気に足場を失ってしまった。
自由党は現有勢力を確保できたが、各々の立ち位置がはっきりした為どことも合流出来ないことがはっきりしてしまった。
太郎さんは永遠の一匹狼、デニーさんはオール沖縄、森さんは小沢氏の後継を意識してか歯切れが悪いがオール新潟が生命線、小沢さんに絶対的に従うのは青木さん、木戸口さん元気娘の真白りょうさん鈴木まりこさんその他の総支部長(大阪の渡辺さんの動きは市民連合に重心)
こうなった以上は本気で自由党の党勢拡大を図るよりないだろう、2年後の参院選と次の衆院選に向けて他党に割り込んでも当選できる力を付けてこそ発言権が増すと思う。

現在の国民意識を考えると、政権交代を成立させるには自民党を割る或いは自民党が割れる以外にはあり得ない。
左翼なのかリベラルなのかは兎も角、「数合わせはしない、これを育てていく」と枝野氏は発言しているが共産党・社民を併せて30%の中での取り合いに終わってしまう。
共産党は長期スパンでの発想があるのでがが、立憲は小さな社会党で終わってしまうのではないか。


追記
前原批判について

万死に値する等過激な前原批判が続いているが果して前原氏は言われているような裏切り行為をしたのか?
つい最近まで、野党共闘に積極的でない「民進党は解体すべき!」を皆さん叫んでいたのではないですか?
代表選の時枝野氏は蓮舫・野田執行部が推す候補で反対していたのではないですか?
蓮舫が代表選で勝利して幹事長に野田氏を起用した時どれだけ不平・不満を言いましたか?
都議選の歴史的完敗に直面して、即日辞任すべき時中々辞めず野田氏辞任をきっかけで辞任した時批判しましたよね。
火急・緊急の時にも拘わらず前原阻止の為全国サポーター参加の代表選を行い重要な一月を無駄にして時間切れで解散を打たれ、今回のドタバタ劇の原因を作ったのは旧執行部ですよね。
小池新党にすり寄ったと批判していますが、新党立ち上げの時蓮舫さんが小池さんにすり寄ってあっさり蹴られた事をお忘れですか?
連日離党者が出て収拾がつかなくなっていたのをお忘れですか?
全て議員総会に諮られ賛成を得ていた事を無視するのですか?
民主党から過去の選挙敗戦の時責任を取って辞めた代表や執行部がいましたか?

結論から言えば巷間民進党の当選者は40人台と言われていたが、78名が立憲・希望・無所属で110人台に増えている。
第2自民党と言われていた希望の党の立ち位置を修正できた、維新の勢力を削ぎ日本のこころを消滅できた。
皆の望んだ民進党の解体が出来た。

問題なのは、分解された民進党の立憲、希望、無所属が可視化されて驚くのは人材がいないことである、自分の当選だけを考え
国家国民の事を考える政治家がどこにもいない!
短い期間での決断で野党の暗部を曝け出してくれた事は今後の判断材料を与えてくれる。
以上、前原氏は評価されることは有っても批判されることは無いと考える。
スポンサーサイト

| 未分類 | コメント(1)

コメント

ブログを更新しました。


初めまして。

ブログを更新しました。
良かったら見て下さい。


NTT・東日本電信電話株式会社 本社に行ってきました
http://blog.livedoor.jp/az5555/archives/52291765.html

2017年|11月|09日|04:28 |from az5555| URL

非公開コメント

トラックバック

http://ozawakakumei.blog.fc2.com/tb.php/320-2f8cbcf0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。