高裁前抗議の報告

高裁前抗議集会の報告

3月13日、午後1時より、陸山会事件、小沢一郎議員元秘書、大久保隆規氏、石川知裕議員、池田光智氏、3氏の無罪を勝ち取り、裁判を監視する、東京高裁前集会を実施しました。
強風にも関わらず、傍聴も含め多くの方々に参加して頂き、ありがとうございました。

我々の願いも空しく、飯田喜信裁判長は秘書達の控訴を棄却し、一審の「推認有罪」を維持しました。
裏金授受の事実を否定する新証拠を始め、弁護側が提出した秘書達の無罪を裏付ける、全ての証拠を却下しての控訴棄却。そして「証拠は無いが有罪と推認する」の一審を追認すると言う、恐るべき不当判決でした。
裁判とは、真実を明らかにする場であった筈です。
この裁判は裁判などではない。
飯田裁判長には、最初から有罪の結論しかなかった。はじめから有罪が決まっていた。
あくまでも小沢一郎の復権を阻むという、国家権力の強く黒い意志表示を感じました。

しかし、石川議員は、心強い事に「自分は裏金など受け取っていない。犯罪を犯したつもりも無い」として、即刻上告しました。

「こんな事がまかり通っては、とても民主国家とは言えない。強い憤りと悲しみを感じます。」という、
小沢代表の気持ちは、私達の気持ちでもあります。


我々も、3秘書が無罪を勝ち取るまで、この国に民主主義が定着するまで、小沢一郎完全復権まで、戦い抜きましょう!


スポンサーサイト

| 活動報告 | コメント(0)

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://ozawakakumei.blog.fc2.com/tb.php/83-debe59ea